ジンとイギリス王室の深いつながり

ジンとイギリス王室の深いつながり

みなさまこんにちは
Ginny Club広報のほのぽんです。


本日ご紹介するのは、故エリザベス女王とジンとの深いつながりについてです!
先日亡くなったエリザベス女王は、ジンが大好きなことでも有名でした。

2020
年には、英国王室自らのボタニカルガーデンで採れたボタニカルを使用し、ジンを造ったことが話題になりました。


本記事では、故エリザベス女王とジンとの深いつながりについて
お伝えしていきます。


◉英国 バッキンガム宮殿でジンを

2020年夏、英国のロイヤルファミリーが自身のオリジナルブランドでジンの製造を始めたというニュースにイギリス中が湧きました。


“small-batch Buckingham Palace Gin”と名付けられたそのジンは、
バッキンガム宮殿内のボタニカルガーデンで採れた12種類のボタニカル
(レモンやバーベナ、サンザシの果実や桑の葉など)が使用されています。

公式サイトでは、ジントニックで飲むことがおすすめされています✨

発売当時からイギリス国内でのみ購入可能ですが、
日本国内のバーでも飲めるところが!
気になった方はぜひ、お近くのバーで聞いてみてください。

 


◉エリザベス女王が愛したジン


英国王室シェフダレン・マクガリー氏によれば、
エリザベス女王が一番好きだったジンは
“ゴードンドライジン“だったそう。

日本国内でもかなり馴染みのあるこのジンは、1769年にアレクサンダー・ゴードンによって立ち上げられたブランド、ゴードンが製造しています。

こちらも、おすすめの飲み方はジントニック。


◉エリザベス女王が愛したジンカクテル


エリザベス女王がこよなく愛したと言われるジンカクテルは、“Dubonnet Cocktail“です。

デュボネとは、ワインをベースに薬草で香りをつけたお酒の一種で、ベルモットとも呼ばれます。
1846年に、パリで化学者兼ワイン商として活躍していたジョセフ・デュボネが
作りはじめたのが起源とされています。

ジンと同様、当時は傷付いた兵士の薬として使われていました。

 基本的には赤ワインをベースにキナ樹皮、オレンジピール、コーヒー豆、スパイス等で香り付けされます。

そんなデュボネとジンを合わせ、レモンを添えたカクテルがデュボネカクテルです。

<材料>
・ジン 1/2oz(約15ml)
・デュボネルージュ 3/4oz (約22ml)
・レモンの皮をねじったもの(ガーニッシュ用)

<作り方>
1.材料を全て準備する
2.氷(適量)を入れたグラスにジンとデュボネを注ぐ
3.よく混ぜる
4.よく冷えたカクテルグラスに注ぐ
5.用意しておいたレモンの皮を添えて完成

 

以上、故エリザベス女王とジンとの深いつながりをご紹介しました。

ご紹介したデュボンやエリザベス女王が一番好きだったゴードンドライジンは、比較的手に入りやすいので、
気になった方はぜひ試してみてください。

参考サイト
https://vinepair.com/booze-news/british-royal-family-released-gin/

(最終閲覧日:2022.09.16


https://www.thespruceeats.com/dubonnet-cocktail-drink-like-the-queen-mother-759292

(最終閲覧日:2022.09.16

お酒は20歳になってから